WEBマーケティング 2020.07.24

Webマーケティングを学べるおすすめ本10選!独学での勉強にも最適

Webマーケティングを学びたいけど、どこから手を付けていいかわからない。そんな方に向けて、この記事ではWebマーケティングを学べるおすすめ本を紹介します。

SEO、Web広告、SNS、コンテンツマーケティング、DMP、GA…と、初心者にはよく分からない言葉が並ぶWebマーケティングの世界。周りに教えてくれる人も誰もおらず、わからない言葉をとりあえずGoogle検索したがなかなか欲しい答えにたどり着けない。独学で学ぼうとする人は、そんなことも多々あります。そんな時に役に立つのが紙の本です。「本の情報は古い」「紙の本は苦手」と思われる方も、ぜひこの記事を一読いただき、参考にしてください。

Webマーケティングを本で学ぶメリットを紹介!

Webマーケティングを本で学ぶメリットはさまざまあります。本の情報は最先端の情報とは言い難いものの、本当に大事な基礎的な知識を、体系的に学ぶのには、本が一番適しています。

Webマーケティングの業界動向を知れる

Webマーケティングは、とにかく流れが速いです。Google検索やFacebook・Instagramは1年に何回もアップデートを繰り返し、それによってSEOの知識やSNSの活用法は大きく変わります。またどんどん新しいツールやサービス、考え方が出てきています。1年前に主流だったことが、今日はもう使えないことも頻繁にあります。

そんな流れの速いWebマーケティングの業界動向を、網羅的に、かつ体系的に学べるのが本のメリットです。業界の過去、そして今使える情報を網羅的に把握したい、ということであれば、Googleで調べるより本のほうが、正確に速く学ぶことができます。

Webマーケティングの知識を効率よく入手できる

本は、Webマーケティングの知識を効率よく入手することができます。Googleのように、気になることをいちいち検索しなくても、一冊の中に欲しい内容が凝縮されています。内容は少し古い情報になることもありますが、それでも基本となる知識や考え方が体系的にまとまっているのが本の特徴です。

新しい考え方や情報が日々アップデートされていくWebマーケティングの世界ですが、基本となる知識や考え方は意外と不変的なものが多いので、基本となる本は何冊か読んでおくべきでしょう。

Webマーケティングをオフラインで学べる

Webマーケティングの最新情報は、ほとんどがWeb上で手に入ります。しかし、Web上の情報は玉石混交です。新しい情報から古い情報まであり、間違った情報もあふれています。初心者の方が欲しいと思っている「今使える正しい情報」にたどり着くのはかなり困難です。本はオールドメディアと言われますが、余計な情報に惑わされることなく、しっかりと基礎知識を身に着けるという点では、オンラインでの学習よりも有効な学習と言えます。

また手元に置いておくとわからないときに、すぐ調べられるというところもメリットです。特に初心者の方は、Google検索よりも、圧倒的に「今使える正しい情報」にたどり着くスピードが速いです。

Webマーケティングが学べる本を10冊ご紹介

Webマーケティングに関する本は毎月大量に出ています。しかし、Webマーケティングにもさまざまな分野があります。本屋さんに行っても似たようなタイトルの本が並んでいることも多く、どれを買っていいか迷ってしまうこともあります。

今回、Webマーケティングが学べる本を10冊紹介しますが、その中でも、基礎が学べる初心者向けの本と、実践的に使える中級者向けの本と分けて紹介していきます。初心者の方は、Webマーケティングを体系的に学ぶ本を中心に、中級者の方には現場ですぐ使えるような、やや高度な知識が学べる本を紹介していきます。

Webマーケティングの基礎知識が学べる初心者におすすめの本

まずは、初心者向けのWebマーケティングの基礎知識を学ぶための本です。これから本格的に取り組みたい人も、少しかじってみたい人もおすすめの本となります。ぜひ参考にしてください。

マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!

この本は、これからWebマーケティングを仕事としてやろうとする人向けの最初に読むべき本です。PV,UU,セッション数などの基本的な用語の解説からKPI設定やアクセス解析の重要性など、Webマーケティングの基礎的な知識から、実際の現場で役立つノウハウまでマンガで解説されています。初心者にとって難解な用語が並ぶWebマーケティングはハードルが高いでしょう。しかしこの本はマンガなので、サッと読めて簡単に内容も理解できます。Webマーケティングの入門書として多くのマーケターの卵たちに愛読されており、2011年に初版が出て以来、販売ペースはずっと落ちていない、とのこと。レビューを見ても入門でありながら実践的、という声が多数あります。この本はシーズン2も発売されており、併せて読むとなお理解が深まるでしょう。もっとも、表紙にも記載されているように、『ネット活用の超入門書』なので、さらに詳しく知りたい人は、別の本を読んだりWeb講義を受けたりして、より突っ込んで勉強していく必要があります。

  • 定価:1,980円
  • 出版日:2017/2/17

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

Webマーケティングにおける「Web広告」の分野について、その歴史的変遷から国内や海外の事例、用語の解説まで網羅した本です。リスティング広告やバナーをはじめとしたディスプレイ広告、アドエクスチェンジやDMPなど、Webマーケティングにおいて外すことができないアドテクノロジーについて、初心者にもわかりやすいように解説されています。Webマーケティングをこれから勉強しようという人はもちろん、中級者以上のWebマーケターにとっても、「あの言葉どういう意味だっけ?」という時にサッと引ける百科事典的な使い方もできます。事業会社や広告会社・Web業界の新人マーケターだけでなく、Webマーケティングの知識を持っておかなければならない広告会社やWeb業界の営業担当にもおすすめの本です。なお、筆者の広瀬信輔氏は、インターネットリサーチでおなじみの、株式会社マクロミルのマーケターを務めながら、その経験を活かして企業のコンサルティングを行ったり、ブログやSNSで最新のアドテクノロジーを発信しているWebマーケターです。Webマーケティングのセミナーでも多数講師をされています。

  • 定価:2,420円
  • 出版日:2016/3/10

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

この本は、Webマーケティングの、特にWebサイトのSEOを考える上で意識すべきことや、コンテンツ作りの基本的な考え方、ソーシャルメディアを運用する上で意識することなど、オウンドメディアとSNS運用で使える基本的なWebマーケティングの知識が学べます。書店で見かけると一見分厚い本なので抵抗があるかもしれませんが、中身は小説形式のストーリー展開で、意外とスラスラ読めてしまいます。一方、SWOT分析など、マーケティングの基本的なところもきちんと押さえられ、本編ストーリーの合間のコラムも参考になります。同シリーズでは、『沈黙のWebライティング』も別で発刊されていますが、こちらもSEOを意識した文章の作り方が解説されているのでおすすめです。特に広告代理店や事業会社のWebマーケティング担当者やクリエイティブディレクターなど、コンテンツ作りをディレクションする立場になった人が読んで役に立つ本です。

  • 定価:3,700円
  • 出版日:2015/1/30

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

この本は、Webマーケティングの初心者向けに書かれており、Webサイトの改善方法やヒントがわかる本です。初心者の方はWeb運用で困ったり迷ったりしたら、まずこの本を読むと、おおよその改善方法やヒントがわかる、といってもいい内容となっています。KPIやコンバージョンを意識した施策の設計から始まり、具体的なサイト集客施策、PDCAの回し方、そしてGoogleアナリティクスを活用した分析手法の重要なポイントなどが掲載されています。この本の著者である小川卓氏は、マイクロソフト、リクルート、サイバーエージェント、アマゾンなどを経て活躍するWebマーケターで、特にGoogleアナリティクスを用いた分析には定評がある方です。Googleアナリティクスは無料のツールでよく使われていますが、実はWebマーケティング初心者にとっては、どう使えばいいかわからない、との声をよく聞きます。そんなGoogleアナリティクスを実務でどう活かしてサイトを改善していけばいいのか知りたい、という人も参考になる本です。改訂版ではさらにWeb広告やSNS、Googleサーチコンソール、Googleタグマネージャの説明が追加され、より内容が濃くなっています。

  • 定価:3,278円
  • 出版日:2018/6/19

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

この本は、Webマーケティングの基本的な内容が、非常にやさしい言葉で書かれた本です。Webのことが全くわからないけど、ある日突然Webを任されてしまった・・・そんな人にぴったりな本でしょう。Webマーケティングの基本的な知識と歴史、キーワードプランナーやGoogleトレンドなどツールの活用方法、ちょっとしたデータの分析手法やソーシャルリスニングの方法などがやさしく書かれており、初心者でも内容を理解することができます。また、各講のまとめには穴埋め問題があり、知識の習得度合いを見ることもできます。問題を見ると、Webマーケティングで頻繁に使う、用語を理解するための基本的な知識を問うものばかりなので、ぜひとも全て穴埋めできるようになっておきたいところです。ちょっと古い本ではありますが、Webマーケティングをこれからはじめなければならない方が基本的なことを学ぶための一冊としては十分な内容となっています。

  • 定価:2,618円
  • 出版日:2014/4/18

Webマーケティングの実践知識が学べる中級者におすすめの本

次に中級者におすすめするWebマーケティングの実践的な知識が学べる本を紹介します。ある程度用語が頭に入った段階で、現場で使える知識や、より高度な知識が身につく本となります。ぜひ参考にしてください。

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

Webマーケティングをより深く理解し、ビジネスにおいて使いこなせるようになるには、マーケティングの普遍的な理論を学ぶことも重要です。この本は、マーケティング発祥の地であるアメリカで、「マーケティング・バイブル」と称賛されている名著です。翻訳された本なので、多少読みづらいところはあるかもしれませんが、顧客を理解し、強みを発見し、ターゲットを選定し訴求しつつ、顧客と顧客のお客様の関係性を構築していく、というマーケティングの大原則を学べます。実は、多くの日本のWebマーケターが、この本を読み自分のマーケター論を作り上げています。Webマーケティングに慣れてくると、業務量が非常に多くなり、ついつい目の前の数字と最新のツールに踊らされがちになる方も多いです。この本は、マーケターとして忘れてはいけない、プランニングにおける最重要の考え方を復習できますので、マーケターとしてもう一歩成長したい方は、ぜひ手に取ってみてください。

  • 定価:2,310円
  • 出版日:2017/10/27

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

Google、Apple、Facebook、Amazonといった、いわゆる「GAFA」について解説された本です。アメリカで発売後、世界各国でベストセラーになり、その後2018年に日本で翻訳版が発売されました。この本は、Webマーケティングのどんな分野でも必ず触れることになるGAFAの商品やサービスが、そもそもなぜこれほどの力を得るようになったのか、そして今後その巨大な力の中でどう生きるべきなのか、などが書かれています。世界的な巨大企業を徹底解説した本だけあって注目度は非常に高く、発売された2018年から2019年にかけて15万部以上を売り上げたベストセラーの本となりました。Webマーケティングの実務や用語の解説本ではないですが、Webに携わる人間としては、世の中の流れを知る一冊としてぜひ読んでおきたい本です。GAFAの考え方や戦略なども書かれているので、Webマーケティングを考える上での参考にもなるでしょう。

  • 定価:1,980円
  • 出版日:2018/7/27

電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティングを成功に導く10の定石

この本は中級者以上の知識を持ったWebマーケターが、マーケティング施策を成功に導くためのヒントになる本です。内容としては、カスタマージャーニーの把握、オウンドメディアやECサイトの運用、KGI/KPIの設定方法、SNS活用やコンテンツマーケティング、DMP、マーケティングオートメーションなど、主に事業会社のWebマーケターが知っておくべき、マーケティングツールの考え方や運用方法などが、わかりやすく書かれています。またこの本は、広告大手の電通から出ており、大企業におけるマーケティングの実例を中心に書かれています。一見敷居が高そうですが、実は書かれている内容はマーケティングの基本に即したものであり、マーケティング業務で応用が利き実践できそうなものが数多く書かれています。特に、中小の事業会社のWebマーケターやWeb運用の担当者は、普段触れることがなかなかないツールの知識を得ながら、考え方の新しい視点や発見、業務に活かせる考え方などが発見できるでしょう。

  • 定価:3,500円
  • 出版日:2017/2/25

改訂版・ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2020(第11版)

この本は、Webマーケティングの資格として徐々に認知されてきつつある「ウェブ解析士」の公式テキストです。ウェブ解析士資格取得のため、勉強として読んでいる方もいるかと思いますが、実はWebマーケティングに必要なあらゆる知識が詰め込まれています。初心者の方がこのテキストを使い勉強すると、ボリュームと内容の難しさになかなか苦労するようですが、中級者の方にとっては、苦手な分野を学んだり、ちょっと忘れてしまったことなどを復習するのに最適なテキストです。内容もサイト分析だけでなく、KPIの設計からコンバージョンの設計、SNS運用、レポーティングなどWebマーケティングを実践するための知識・知見が豊富にあります。資格取得のために頑張って勉強するのもいいですが、普段のマーケティング業務の中でも手元に置いておいて、何かわからないことがあったら見る、という辞書のような使い方をしてもいいでしょう。

  • 定価:4,400円
  • 出版日:2020年3月23日

新約コピーバイブル

この本は、マスマーケティングで活躍してきた50名以上の著名コピーライターたちの、コピーに対する考え方や、コピーの制作方法が書かれています。一見、Webマーケティングとは違う分野だと思われるかもしれませんが、成果を出すWebマーケティングの施策や戦略を組み立てる上で、コンセプトやターゲットに対するメッセージを作る作業は、非常に重要です。そのコンセプトがずれていたりメッセージが全く届かない言葉では、意味をなさなくなります。過去のマスマーケティングで多くの人に言葉を届けてきたコピーライターたちが、どのような思考で言葉を紡いできたかと知り、それを応用していくことで、今までとは違った発想でコンセプトやキャッチコピーなどを生み出せるようになるでしょう。Webマーケティングでは、コンテンツマーケティングやリスティング広告など、ターゲットに伝える言葉をチョイスしなければならないことが意外と頻繁にあります。ぜひ施策を引っ張っていくディレクターや事業会社のマーケターなどに読んでもらいたい本です。

  • 定価:2,640円
  • 出版日:2007/07/30

Webマーケティングで読むべき本の比較

タイトル名 著者名 対象 料金(定価) ページ数 出版日(発売日) 出版社 電子書籍
マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!村上 佳代初心者1,980円296ページ2017/2/17インプレスKindle BookLive! 楽天Kobo BOOK☆WALKER
アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南広瀬 信輔初心者2,420円288ページ2016/3/10翔泳社Kindle Kinoppy 楽天Kobo PDF
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−松尾 茂起初心者3,700円496ページ 2015/1/30エムディエヌコーポレーションKindle BookLive! honto 楽天Kobo
現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】小川 卓初心者 3,278円352ページ2018/6/19マイナビ出版Kindle Kinoppy BOOK☆WALKER 楽天Kobo PDF
はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義カティサーク 押切 孝雄初心者2,618円248ページ 2014/4/18マイナビKindle BOOK☆WALKER 楽天Kobo PDF
新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方ジェイ・エイブラハム中級者2,310円312ページ2017/10/27角川書店Kindle BOOK☆WALKER   楽天Kobo BookLive! honto
the four GAFA 四騎士が創り変えた世界スコットギャロウェイ中級者1,980円480ページ2018/7/27東洋経済新報社Kindle honto 楽天Kobo BOOK☆WALKER
電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティングを成功に導く10の定石電通デジタル中級者3,500円253ページ2017/2/25徳間書店Kindle honto 楽天Kobo Kinoppy
改訂版・ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2020(第11版)守口 剛中級者4,400円400ページ2020/3/23マイナビ出版Kindle 楽天Kobo BOOK☆WALKER PDF
新約コピーバイブル宣伝会議コピーライター養成講座中級者2,640円251ページ2007/07/30宣伝会議

まとめ

今回はWebマーケティングが学べるおすすめ本を初級・中級者にレベルを分けてご紹介してきました。Webマーケティングは、最新のツールや手法、考え方が日進月歩で出てきます。当然ながら、その流れを常にキャッチアップしていくためにはネット上での情報収集が必要不可欠になってきます。

しかしながら、マーケティングの基本的な考え方は普遍的なものが多く、それをきっちり学ぼうとすると、書籍のほうが効率良く正しい知見を得ることができます。古い情報が多いのも事実ですが、基本を抑えなければ、ネット上の情報が正しいかどうかも判別できません。Webマーケティングを志すのであれば、ぜひ、何冊か書籍を読んでみることをおすすめします。

ヒトノテロゴ

執筆者:阿部直記

株式会社ヒトノテの代表取締役COO。KLab株式会社、クラウドワークスを経て、株式会社ヒトノテへ。新規サービス/タイトルの立上げや企画、運営中案件の分析を行いながら改善しグロースさせるなど、事業作りを中心とした提案が得意です。

ヒトノテ坪昌史

監修者:坪昌史

株式会社ヒトノテの代表取締役CEO。 エンジニアとしてキャリアスタートし、サイバーエージェントのSEO分析研究機関を経て、リクルートの横断マーケティング組織のマネージャー&全社SEO技術責任者を務める。その後、独立しSEOを中心としたクライアントの課題解決を行う。2017年、株式会社ヒトノテを創業し、様々な企業のウェブマーケティングの支援を行う。