コンテンツマーケティング 2020.03.17

コンテンツ制作、どう進める?代行会社の選び方、選定のポイントまで徹底解説

記事制作

近年では、自社サイトやオウンドメディアにオリジナルの記事コンテンツをアップし、集客を行う「コンテンツマーケティング」が浸透してきています。
オリジナルの記事を制作するのは手間がかかり、成果が出るまでに時間がかかります。しかし、しっかりと対策をすれば検索エンジンで上位に表示されるようになり、自然流入が増えていくので、自社サイトの集客に悩んでいる方にはうってつけの方法です。

本記事では、コンテンツ制作をする際の工程の解説、記事制作代行会社を選定するポイントについても併せて紹介していきます。コンテンツ制作を始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

コンテンツ制作の進め方

コンテンツ制作を始めようと考えたとき、「読み物として面白いものを作らなければ」と考える方は多いのではないでしょうか。
しかし、検索結果でしっかりと上位を狙っていくためには、記事の内容に注力するだけではうまくいきません。どんなにクオリティが高くても、ターゲットや市場のニーズに合っていない、SEOを意識できていないコンテンツでは上位に表示されず、せっかく作っても読んでもらえないかもしれません。

ではしっかりと成果を出せるコンテンツを制作するには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。手順を紹介していきます。

市場調査・ターゲット分析

コンテンツ制作を進めるうえでまず行わないといけないことは、市場調査とターゲットの分析です。効率的に集客を行うには、自社にとってのターゲットをしっかり把握し、ターゲット層に合った情報を発信する必要があります。

そもそもターゲットが市場にいないのであれば、いくら良いコンテンツを発信しても意味がありません。また、求めるターゲットが掴めても、的外れな内容であれば集客には繋がらないでしょう。

例えば50代~60代の方に向けた化粧品のWEB集客をする際に、ニキビ対策の記事よりシワやたるみに関する情報を発信したほうが響きますよね。
「肌に対する悩みを抱えている」市場の中から、50代~60代というターゲットを見つけ出し、ターゲットの悩みを調査したうえで「シワ」「たるみ」を対策したいというニーズに合わせて、適切なコンテンツを制作する必要があります。

このように、市場調査・ターゲット分析は以下のポイントを抑えることが重要です。
① 自社にとってターゲットとなる方が市場にいるのか調査する
② 訴求するターゲットが知りたい情報を分析する
③ ターゲットが知りたい情報にしっかり対応した記事を制作する

キーワード選定

次は、コンテンツの中で対策するキーワードの選定をします。この作業はコンテンツ制作において非常に重要な工程の1つです。設定するキーワードによって見込める流入数や、作るべきコンテンツの内容が大きく変わります。

一昔前は企業名や商品・商材名で直接的に検索されるキーワードで対策をするのが一般的でしたが、近年はその人が持つ課題や悩みなどのキーワードでも対策をするのが当たり前になりました。例えば、化粧品について検索する際にはメーカー名で検索するのではなく、「シワ改善 化粧品 おすすめ」のような形で検索されることがよくあります。

WEBサイトは、ユーザーが検索したキーワードと合致率が高いコンテンツページを検索結果の上位に表示しますので、求めるターゲット層が検索しているキーワードを選定するようにしましょう。

構成案の作成

キーワードを設定したら、具体的にどんなコンテンツにするかを考えます。構成案は、コンテンツの設計図のようなものです。

具体的には
・どのような段落構成にするのか
・どこまで具体的に解説するのか
・どのような見出しをつけるのか

などを決めていきます。

構成をしっかり作らないと、結局 何を伝えたいコンテンツなのかということが ぼやけてしまい、1つのコンテンツに色んな情報を詰め込み過ぎてしまいます。設定したキーワードから内容が逸れてしまう原因にもなるので、構成案作成は非常に重要な工程です。

記事執筆

構成が完成したら、実際に記事の執筆(コンテンツ制作)に入ります。
ここまでの工程がうまく進んでも、読みにくく、冗長な文章では、ターゲットは読むことに疲れて記事の途中で離脱します。ターゲットが知りたい情報をしっかりと盛り込めているか、読んでいて理解できる内容になっているかを意識して執筆しましょう。

また、検索したキーワードと記事に設定したキーワードの合致率が高い方が上位に表示されやすくなります。そのため、無理がない範囲で、訴求したいキーワードをコンテンツのなかに散りばめるよう意識しましょう。ただし、無理をして入れすぎると不自然な内容になってしまうため、違和感のない程度に入れていくことがポイントです。

校正&校閲・画像選定

記事の執筆が終わったら、画像の選定と校正&校閲という作業が発生します。

校正

主に誤字脱字のチェックを行います。改めて読んでみると分かりにくい一文や、不自然な文脈が見つかるものです。一人でチェックしても漏れてしまうことがあるので、慣れないうちは複数人で確認するのがおすすめです。

校閲

文章の内容が間違っていないかチェックする作業です。企業が間違った情報を発信してしまうと、様々なトラブルに繋がります。テーマによっては経済産業省や厚生労働省など、政府の資料をエビデンスとして引用したり、専門家にインタビューを行う・監修を依頼するなどして、情報の出典を明確にする必要があります。

画像選定・イメージ画像の作成

記事コンテンツには必ずと言っていいほど「アイキャッチ」と呼ばれる画像が設定されています。読者を引き付け、ページへの滞在時間や読了率も変え得る重要な存在です。アイキャッチに限らず、コンテンツの内容を補足する目的で、図や表を文中に掲載するのもおすすめです。

また、制作したコンテンツが評価され、ユーザーによってSNSへ拡散されるときにはogpタグで設定した画像も表示されます。あるのとないのとではコンテンツのクリック率も大きく変わりますので、必ず設定しておくようにしましょう。

コンテンツをリリース

ここまでの工程がすべて終われば、ようやくコンテンツをリリース(公開)することができます。CMSなどを用いて、制作したコンテンツをWEB上に公開します。
しかし、記事をリリースしたら終わりというわけではありません。効果的に集客するためには、アクセスの状況を把握・分析し、その内容をもって公開した記事をアップデートしていくことが重要です。

キーワードで解説!コンテンツ制作のポイント

それでは実際にコンテンツ制作を行う際に気をつけるべきポイントを、キーワードとともに解説します。

【ペルソナ】誰に読んでもらうのか?を考える

コンテンツ制作を行う際は、「誰に読んでもらうのか?」を考えながら制作することがポイント。その際に重要になるのが「ペルソナ」です。

ペルソナとは、架空のユーザー像のことを指します。ペルソナを作成する際は、性別・年齢・職業・ライフスタイルなどを詳細に設定することが大切です。

そうすることで、コンテンツを制作するうえで「このコンテンツは誰に読んでもらうものなのか」「このコンテンツを読んだらユーザーはどんな反応を示すのか」といった想像がしやすくなります。その結果、ターゲットのニーズに合ったコンテンツを制作しやすくなるということです。

また、ペルソナを詳細に設定しておくことで、コンテンツ内容が迷走してしまった際に方向性を再確認することが容易になります。

コンテンツリリース後に思うような反応が得られないと感じた際も、設定したペルソナを軸に修正を行うことができるでしょう。

【態度変容】読んでどうしてもらいたいのか?を意識する

コンテンツ制作を始める前にもうひとつ考えておきたいことが、「読んでどうしてもらいたいのか?」ということ。コンテンツを読むことでターゲットユーザーにどのような動きをしてほしいのか・どのように変わってほしいのかということを具体的に考えることで、コンテンツの質はさらに向上します。

その際に参考にしたいのが「態度変容モデル」です。

態度変容モデルとは、マーケティングを行う際やプロモーション戦略を立てる際に顧客を分析するモデルのことを指します。ユーザーの状態が外部からの刺激によって変化していく状態を順番に表したものです。

  • Attention:注意を引かれる
  • Interest:興味関心を持つ
  • Desire:欲求となる
  • Memory:記憶する
  • Action:行動する

上記は有名な態度変容モデルの「AIDMAモデル」。商品やサービスなどを知らない状態から、実際にユーザーがアクションを起こすまでの態度の変容を順番に描いています。

態度変容モデルを参考にして、「このコンテンツに触れることでユーザーにどのような態度変容を起こしてもらいたいのか?」を考えながら制作することは、効果的なコンテンツの制作に繋がるでしょう。

カスタマージャーニー(ペルソナの動きを時系列に描いたもの)を作成し、「ペルソナはどのような動きをして目的の行動にたどり着くか」を明確にすることもおすすめです。

【SEO】見てもらえなければ意味がない!

コンテンツ制作において「SEOは重要」と言われますが、なぜ重要なのでしょうか。それは、クオリティの高いコンテンツを制作しても、見てもらえなければ意味がないからです。

ユーザーにコンテンツを見てもらうための施策が「SEO」です。だからこそ、コンテンツ制作ではSEOを意識すべきと言われるのです。

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言います。検索エンジンに合わせてコンテンツを最適化させることで、検索結果の上位に表示させ、より多くのユーザーにコンテンツを見てもらえるようにするための方法です。

具体的なSEOのテクニックとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • コンテンツを検索キーワードにマッチした内容にする
  • 検索キーワードや関連キーワード(共起語)を十分に盛り込んだコンテンツを制作する
  • ユーザーが求めている内容をわかりやすく示すタイトルや見出しを設定する
  • <h2><h3>タグを適切に使用し、対策キーワードを盛り込んだ見出しをつける
  • スマートフォン端末でも読みやすいサイトデザインを心がける(モバイルフレンドリー)

このように、「サイトを見た人(ユーザー)のニーズを満たすコンテンツを制作する」ことが大切です。

検索エンジン大手のGoogleは「ユーザーファースト」という考えのもと運営を行っています。作り手も、「ユーザーファースト」の精神を忘れずにコンテンツ制作を行うことが、効果的なSEOにつながるでしょう。

SEOについて、より詳しい情報はこちらをご覧ください。

【完全版】SEOとは?仕組みや施策、進め方などを徹底解説

【レギュレーション】品質を安定させる

レギュレーションとは、コンテンツの品質を保つために、制作するうえで気をつけるべきポイントや目指すべき目標を明文化したものです。

レギュレーションを守って制作を行うことで、修正を行う際にも、ライターに外注する際にも、コンテンツの品質を一定に保つことができます。

レギュレーションには以下のような内容を記載します。

  • コンテンツを制作する目的
  • ターゲットユーザー(ペルソナ)の詳細
  • 参考にする情報源の取り扱い方法
  • 語尾や頻出単語の表記ルール
  • 使用してはいけない単語

その他、コンテンツ内容をページに反映する際に気をつけるべきポイント(タグの使い方など)もあわせて記載しておくことで、制作をよりスムーズに進めることができるでしょう。

コンテンツ制作をする方法は3つ

これまでご紹介してきたような工程を踏んで、コンテンツを制作するには以下の3つの方法があります。
① 自社・自分で作成する
② クラウドソーシングサービスを活用する
③ 記事制作代行会社を活用する

ここではそれぞれの方法についてより具体的に説明をしていきます。

自社・自分で作成する

文章を書いたことがある方や、書くことに興味があるという方は自分で執筆するのもいいでしょう。
しかし、記事コンテンツで成果を出すためには、ある程度のスピードとボリュームを意識して作っていく必要があります。時間をかけて徐々に成果を出していこうと考えている方には良いですが、すぐに効果につなげたい方にはおすすめできません。

クラウドソーシングサービスを活用する

クラウドソーシングサービスとは、仕事依頼したい人と、 仕事を探している人のマッチングを支援しているプラットフォームのことです。クラウドソーシングの中でもライティングの仕事依頼は非常に多く、ライターとして活躍する方も多く登録しているため、このサービスを利用してライターを募集し、応募してくれたライターに記事の執筆依頼をするという方法になります。

クラウドソーシングサービスは複数あるので、複数のサービスに登録して、それぞれのサービスでご自身の希望するライターさんがいるかどうかを確認すると良いでしょう。

記事制作代行会社を活用する

記事コンテンツ制作や運用を事業として行っている会社に依頼する方法です。制作のノウハウがない方でも、どのターゲットに向けて、どのような記事を作りたいか伝えるだけでコンテンツを制作してくれます。

コンテンツを制作する方法について3パターンお伝えしましたが、ここからは自作する以外の2パターンについてメリット・デメリットを紹介していきます。

クラウドソーシングを活用するメリット・デメリット

まずはクラウドソーシングサービスを活用するメリット・デメリットについてお伝えします。

メリット

安く、スピーディーにコンテンツを制作できる

クラウドソーシングサービスの場合は、「成果報酬」という形で支払うことができます。維持費など固定費は必要ないため、依頼するものがなければ支出が発生しません。必要最低限のコストでコンテンツの制作を行うことができるでしょう。

複数コンテンツを同時進行で作成できる

社内で構成案の作成が出来れば、執筆依頼ができますので、構成案さえできてしまえば複数のコンテンツの制作を同時に依頼することが出来ます。

デメリット

ディレクションを適切に行なわないといけない

顔を合わせて仕事ができる方に依頼するわけではありません。クラウドソーシングサービス上で0から知らない方に説明し、メディアの意図やコンテンツの方向性を理解していただく必要があります。ディレクションをしっかり行わないと意図していたものを納品してもらうことができません。

納品してもらえない可能性がある

一度も会ったことの無い人に仕事を依頼することになるため、進行状況などを定期的に確認しておかないと、スケジュール通りに納品してもらえなかったり、人によっては納品せずに連絡がつかなくなったりしてしまうこともあります。

クオリティを保つのが大変

クラウドソーシングサービスの場合は、相手の正確な経歴を確認することは難しく、本当に経歴通りのコンテンツを納品してもらえるとは限りません。場合によっては想定していたよりもはるかに低いクオリティのコンテンツがあがってきたり、構成案の内容とは方向性がズレていたりとクオリティのコントロールにかなりの労力がかかってしまいます。

このようなことから、クラウドソーシングサービスはノウハウがないまま始めてしまうと、ディレクションや修正作業など想定よりもかなり多くの工数を割くことになってしまい、最悪の場合完成まで至らないというリスクを孕んでいます。

コンテンツ制作を代行会社に外注するメリット・デメリット

続いて、コンテンツ制作を代行会社に外注した際に考えられる、メリット・デメリットについて紹介していきます。

メリット

コンテンツ制作代行会社に依頼することのメリットは、コンテンツ制作のプロに任せることができるのでクオリティが担保できるという点です。コンテンツ制作に限ったことではありませんが、やはりプロにお願いする方が成功する確率は高まります。具体的なメリットとして下記の4つが挙げられます。

① 本来の業務に集中できる
② 最適なライターをアサインしてもらえる
③ 発注の際に会社がコンテンツのクオリティを担保してくれる
④ 短期間でたくさんのコンテンツを作ることが出来る

デメリット

記事制作代行会社に依頼すると、様々なメリットがあることが分かっていただけたと思います。しかし残念ながらデメリットもあります。具体的には下記の2点です。

① お金がかかる
② 思っていたクオリティの記事があがってこないことがある

コンテンツ制作の代行会社を選定するときのポイント

このように、コンテンツ制作代行会社に依頼した場合多くのメリットがありますが、デメリットもお分かりいただけたかと思います。
しかし、依頼する代行会社を選ぶ際に気を付けて選定すればデメリットを最小限に抑えることができます。

選定するときのポイントは3つです。
① コンテンツ制作の実績
② 発注前のヒアリング内容
③ SEOライティングの知見の有無

先ほど紹介したデメリット「②思っていたクオリティのコンテンツがあがってこないことがある」は「コンテンツ制作の実績」「発注前のヒアリング内容」をチェックしておくことである程度のリスクを回避することができます。

思っていたクオリティのコンテンツが上がってこない理由は、そもそもコンテンツを制作するスキルがない、完成した記事のイメージや、ターゲットのすり合わせができていないことが多いです。スキルについてはどのような企業と取引しているのか、実績を見れば大体想像することができますし、記事の完成イメージ・ターゲットのすり合わせは、しっかりとしたヒアリングがなければできません。

また、③の「SEOライティングの知見の有無」についての確認も必須です。
WEB集客をするには、SEOが必要不可欠です。SEOライティングの知見の有無は非常に重要ですので、実績やクライアントの声などから成果を出せている会社かどうかをしっかりチェックしましょう。

コンテンツ制作は、WEBコンサルティングの会社に依頼するのがおすすめ

コンテンツ制作には「自社・個人でやる」「クラウドソーシングサービスを活用する」「コンテンツ制作代行会社を活用する」の3つの方法があると紹介してきましたが、もっともおすすめなのはWEBコンサルティング会社に依頼することです。
その理由について解説していきます。

WEBサイト全体を見た上で最適な提案をしてもらえる

記事コンテンツを制作する目的は、読み物としてクオリティの高いコンテンツを制作することではありません。WEBサイトへ集客することや、ターゲットが知りたい情報を発信することです。

WEBコンサルティング会社は、コンテンツ制作だけではなくWEBサイト全体を見たうえで最適な提案をします。たとえば「このページに入っている記事は、こっちのページにまとめたほうがいい」「現状はこのカテゴリの記事に偏っているから、このカテゴリの記事も増やしたほうが良い」「集客戦略の中でこの層からの集客が弱いから、この記事を作った方が良い」など、WEBサイトに関する知見と分析を用いてアドバイスしてもらえます。

自社で検討していたときはすべて新規でコンテンツ制作するつもりでも、WEBコンサルティング会社に相談したら既存コンテンツの修正で済んだ、というケースもあります。

調査・分析が得意なので、質の高いコンテンツを制作できる

先ほども触れましたが、コンテンツを制作するうえで市場調査やターゲット分析をすることは非常に重要です。WEBコンサルティング会社は、こういった調査・分析を日常的に行っているので、すでにノウハウがあります。自社で0から始めるよりも圧倒的にスピード感を持って、ターゲットの設定や的確なキーワード選定を進めてもらうことができるでしょう。

リリースしたコンテンツの分析・修正も依頼できる

WEB集客においては、リリースした後の分析・修正も重要です。WEBコンサルティング会社はGoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleなどの分析ツールを活用して、既存コンテンツをどのように修正すべきかを的確に判断することが出来ます。

リリース後の修正は関係ないところを修正してしまい、かえって順位を落としてしまうなど、手間をかけたのに効果が出ないこともあります。このようなことからも、プロに依頼するのがおすすめです。

ヒトノテのコンテンツ制作について

ヒトノテでは、コンテンツ制作をする前に市場調査や現状分析から始めます。
まずはクライアントが強化したいWEBサイトやメディアを分析。ターゲットをしっかりと把握したうえで、

① ターゲットの知りたい情報を言語化
② それをキーワードに盛り込みながら、市場調査
③ 市場調査した結果と、クライアントの強化したいキーワードと一致しているものを選定
④ クライアントと内容をすり合わせる

まずは認識の祖語が起きることの無いよう、クライアントの意向をヒアリングしながらしっかりとすり合わせを行います。この最初の戦略・設計の部分ができるのはWEBコンサルティング会社ならではです。①~④の部分をしっかり行うことで、結果に繋げることが出来ます。

また、ライターのディレクションについてもヒトノテでは独自のフローを構築しています。クライアントが制作したい記事コンテンツのテーマに合わせてその分野に精通したライターをアサインするだけでなく、制作スケジューリングもすべて行いますので安心してお任せください。

もちろん、リリース後もしっかり効果検証を行い、公開したコンテンツのアップデートのご支援も行います。中には、公開済のコンテンツをアップデートするたびに順位が上がるケースもあり、どのような修正を加えたかも共有させていただくので、クライアント内にもコンテンツ制作や記事改善のノウハウがたまっていきます。

コンテンツ制作の目的に合わせて、最適な選択を

コンテンツを制作する手法は「自社・個人でやる」「クラウドソーシングサービスを活用する」「記事制作代行会社を活用する」など複数ありますが、それぞれに特徴があるので、目的や状況に応じて選択しましょう。

その中でも、スピード感を持って確実に効果を出したいという方には、WEBコンサルティングの会社にコンテンツ制作を依頼するのがおすすめです。

皆さまの今後のコンテンツ制作の参考になれば幸いです。

ヒトノテロゴ

執筆者:矢田茉里衣

株式会社ヒトノテのコンテンツディレクター。クライアントの要望に柔軟に対応できるよう、ヒアリングに重きを置いています。

ヒトノテ坪昌史

監修者:坪昌史

株式会社ヒトノテの代表取締役CEO。 エンジニアとしてキャリアスタートし、サイバーエージェントのSEO分析研究機関を経て、リクルートの横断マーケティング組織のマネージャー&全社SEO技術責任者を務める。その後、独立しSEOを中心としたクライアントの課題解決を行う。2017年、株式会社ヒトノテを創業し、様々な企業のウェブマーケティングの支援を行う。

ご質問やご相談など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ お電話でのご相談は平日10:00-18:00 03-6265-6636