コンテンツマーケティング 2020.11.30

コンテンツマーケティング支援って何をするの?支援会社や支援事例もご紹介!

コンテンツマーケティング支援を行っている会社があるのをご存知でしょうか。

自社サイトやオウンドメディアなどで集客をしたいと思っていても、なかなか成果があげられない事もあるでしょう。

そんな時に頼りになるのがコンテンツマーケティング支援を行っている会社です。しかし、コンテンツマーケティング支援とは具体的にどのようなサービスなのでしょうか?依頼をしてみたいけど、何をしてくれるのか分からない、どのようにして会社を選んだら良いのか分からないという方向けに、コンテンツマーケティング支援について詳しくご紹介します。

コンテンツマーケティングの支援って何をしてくれるの?

そもそもコンテンツマーケティングとは一体どのようなものなのでしょうか?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの疑問や悩みに答えるようなコンテンツを配信し、自社の商品やサービスをまだ知らない見込み客を集客する手法です。最終的には見込み客の購買意欲を高め、コンバージョンへ導くことが目的です。

ユーザーの意図や動きを読み取り、そこからコンバージョンまで導くため、さまざまなノウハウが必要となります。

自社にノウハウがなく実行ができない場合、知識と経験を豊富に持った専門家があらゆる方法で支援をしてくれるのがコンテンツマーケティング支援です。

では、実際にどのような支援を行ってくれるのかご紹介していきましょう。

WEBコンテンツの作成・リライト

コンテンツマーケティングの中でも、自社サイトや自社メディアを使って集客をする場合に欠かせないのがWEBコンテンツです。ブログ記事などのWEBコンテンツを作成、リライトするのも、コンテンツマーケティング支援の1つです。

集客につながるコンテンツを作成するには、戦略やコンテンツ内容が非常に重要です。まずは作ったコンテンツが検索結果で上位表示できなければ、ユーザーの目に止まる機会がありません。そのためにはSEOの知識が必要です。

また、実際に作成した記事にどれだけの集客力があるのか、コンバージョンにつなげることができるのか分析をしなくてはいけません。ツールを使い、分析を行うノウハウも必要となります。

このように、コンテンツの問題点を見つけてリライトを行っていくことで、コンバージョンにつながるコンテンツを作り上げることがコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティング支援を行う会社に依頼をすれば、SEOに知見があり、集客できる記事作成をしてくれます。

もちろん、作成してくれる記事はブログなどのコンテンツだけではありません。インタビュー記事やアンケート記事、キャッチコピーのような短い文章にも対応してくれる会社もあります。

その他にも、マーケティングの専門家がサイトの分析を行い、回遊率を高められる内部リンクの構築を行ってくれる場合もあります。作成・リライトをした記事は、リリース後に専門家が分析・効果測定も行ってくれるため、WEBコンテンツからの確実な集客を支援してもらうことができます。

オウンドメディアのコンサルティング

記事の作成だけではなく、オウンドメディアそのものをトータルでコンサルティングしてくれる会社もあります。自社でオウンドメディアを作成したけど集客ができていない、課題点もわからず困っている場合には、コンサルティング支援を受けることを検討してみましょう。

既に運営しているオウンドメディアがある場合、サイトの現状分析を行い課題点の把握、解決をするために必要なSEOの施策や記事追加、リライトなどの提案をしてくれます。

オウンドメディアの作成自体はWEB制作会社が対応可能ですが、実際の運用や記事の内容、コンバージョンへの導線改善までは制作会社でカバーできないことがほとんどです。そのため、自社に分析能力がある人員がいなければ、せっかくのオウンドメディアも集客につながらず終わってしまう場合も考えられます。

コンテンツマーケティング支援を行っている会社にコンサルティングを依頼すると、オウンドメディアの問題点を明確にし、改善と分析を繰り返し提案してもらえるので、集客につなげることができます。

実際に運用をするだけでなく、どのような点が良くないのか、どう改善すると流入はどれくらい伸びるのかシミュレーションしてくれる会社もあるため、自社内にノウハウが蓄積されるのもポイントです。

また、改善施策を提案してもらったものの、自社でリソースが確保できないケースもあります。そのような場合、施策自体を実行してくれる場合もあります。例えば、近年Googleが重要視しているサイトの表示スピードも、改善には技術的な知識が必要なため、対応ができない方も多いでしょう。

しかし、専門技術を身につけたエンジニアがいる支援会社であれば、技術的な改善も依頼をすることができます。もちろん、新しくオウンドメディアを立ち上げる場合でも、オウンドメディアの制作、運用から分析、改善案の実行まで幅広く支援をしてくれます。

どういった記事を書いたら良いのか、どう分析を行うのか、自社でも今後運営が行えるように自社の成長にもつながるのがコンサルティングの支援です。

ランディングページの制作

「すぐに成果を出したい」「早く集客を行いたい」という方向けに、ランディングページ(LP)の制作、分析を支援してくれる会社もあります。オウンドメディアは、コンテンツを作成しながら長期的に改善を行うことで集客する手法です。そのため、実際に成果が出るまでに時間を要します。

これに対し、自社の商品やサービスが季節的なもので長い時間をかけられない、一時的なキャンペーンのため長期的なものは望まない場合もあるでしょう。短期間で成果を上げたいときは、広告の運用が効果的です。

広告の運用を行う際、ランディングページの提案から制作を行ってくれる会社もあれば、リスティング広告の運用を行ってくれる会社もあります。オウンドメディアのようなコンテンツ配信サイトだけでなく、自社商品やサービスの特徴に合わせて、適切な集客方法を提案・支援してくれる点も、コンテンツマーケティング支援の特徴です。

コンテンツマーケティング支援会社を選ぶ際に確認したいポイント

ここまででご紹介したように、コンテンツマーケティング支援にはさまざまな方法があります。さらに、会社によって支援内容は異なります。

そうなると、どのような会社を選んだらいいのか分からないという方も多いはずです。そこで、コンテンツマーケティング支援会社を選ぶ際に、確認をしておきたいポイントをいくつかご紹介します。

対応可能な領域

まずは、支援会社が対応をしてくれる領域を確認しましょう。多種多様な提案を行ってくれる会社から、ライティングなど何かに特化している会社もあります。また、会社によって得意不得意があるため、売りたい商品やサービスが得意分野にあてはまっているかも確認しましょう。

自社で行いたいコンテンツマーケティングと相性の良い会社を選ばなければ、希望の支援が受けられず、成果が得られない可能性があります。まずは、どのようなサービスを提供している会社なのか、サイトなどを見て確認をしましょう。

ライティングの質

WEBコンテンツの支援を依頼したい場合は、ライティングの質も確認すべきポイントです。

当然ですが、コンテンツマーケティングはコンテンツの内容が重要です。コンテンツの質が悪ければ、コンテンツマーケティングで思うような成果を得ることもできないでしょう。

例えば、経験豊富なライターがたくさんいると謳っていても、ライターによって質が異なる場合もあります。どのライターでも、一定の質を担保してくれるのか、トライアル記事の作成が依頼できる場合は積極的に利用してみると良いでしょう。実際に作成された記事を見ることでライティングの質を確認することができるだけでなく、記事の書き方や方向性も同時にチェックすることができます。

運用体制

会社を探す前には、自社の運用体制についても一度整理する必要があります。支援を依頼しても、自社で行わなければならない作業は必ず発生します。その際に、やり取りを行う担当者がどこまで動けるのか、自社ではどこまですることができるのか整理をした上で支援会社を探しましょう。

実際に依頼をしたけど、作業が止まってしまう、更新ができない、改善ができないとなるとコンテンツマーケティングを成功させることはできません。そこで、自社の運用体制に合わせてどこまでフォローや支援をしてもらえるのか、支援会社の柔軟性も確認しておく必要があります。

サービスの詳細と金額

コンテンツマーケティング支援を依頼する場合、必ず費用が発生します。その際に、コストに見合った成果が出せるかも確認しておきたいポイントです。

どのくらいの金額がかかるのか、会社によってさまざまです。サービスの内容は金額が高ければ良いというものではありませんし、安いからダメということもありません。その支援が自社にとって合っているかが重要です。

複数の会社に見積もりを行い比較してみるというのも1つの手です。ここでは、どこまで具体的な支援内容を見積りに明示してくれるかもポイントになります。コンテンツなどの制作期間や費用、支援が始まった時に何を提出してくれるのか、自社が目指している方向性と合っているかなど、見積もりの際の打ち合わせで確認してみましょう。

まとめ

コンテンツマーケティング支援について、具体的にどのような支援をしてくれるのか、会社を選ぶポイントや事例をご紹介しました。コンテンツマーケティングが成功すれば、集客だけでなく、売上の向上にもつながります。

自社ではできないことがある場合は、支援会社に依頼してみると良いでしょう。支援会社に依頼をする場合は、自社ではどのようなコンテンツマーケティングを行いたいのか、どのような支援が必要になるのか、整理をしてから依頼をすることをおすすめします。

しかし、実際に支援会社を選ぶとなると体制の見直しはもちろん、支援会社を調べる時間や見積もりなどに時間を取られてしまうのも事実です。コンテンツマーケティング支援会社の中には、そこもまとめて支援をしてくれるところもあります。

コンテンツマーケティング支援について、自社の課題から相談したいという場合には、総合的に支援をしてくれる会社に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

弊社でも常時無料でご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ヒトノテロゴ

執筆者:兼重勇希

株式会社ヒトノテのディレクター。自社メールマーケティング、オウンドメディアの記事制作、WEB広告の運用など幅広い分野を担当。

ヒトノテ坪昌史

監修者:坪昌史

株式会社ヒトノテの代表取締役CEO。 エンジニアとしてキャリアスタートし、サイバーエージェントのSEO分析研究機関を経て、リクルートの横断マーケティング組織のマネージャー&全社SEO技術責任者を務める。その後、独立しSEOを中心としたクライアントの課題解決を行う。2017年、株式会社ヒトノテを創業し、様々な企業のウェブマーケティングの支援を行う。

オンライン相談

ご質問やご相談など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ お電話でのご相談は平日10:00-18:00 03-6265-6636