コンテンツマーケティング 2020.07.05

コンテンツマーケティングを成功させるSEOに効果的なキーワード選定方法とは

Webマーケティングの一環として、コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えています。WEB広告とは異なるアプローチでユーザーを呼び込み、潜在層から顕在層さらには顧客へと育てていけることが人気の背景です。

そのコンテンツマーケティングにおいて重要なのは、SEOです。ユーザーのニーズは「検索」に強く反映されます。自社のコンテンツをSEOによって検索上位に表示させ、検索したタイミングで自社のコンテンツにユーザーに触れてもらうことによって、ユーザーの育成(ナーチャリング)をしていくというのがコンテンツマーケティングにおけるコアな考え方になります。

ユーザーにとって有用なコンテンツを提供することが重要ですが、どんなに良いコンテンツを作っても、それを見てくれるユーザーがいないと意味がなく、そのためにSEOがあります。ターゲットユーザーが検索するキーワードを選定し、そのキーワードで上位表示させることが、コンテンツマーケティングでは重要なのです。

ここでは、コンテンツマーケティングのキーワード選定にあたって意識すべきポイントと、具体的なキーワード選定方法やツールなどについてご説明します。

コンテンツマーケティングのキーワード選定で重要なこと

コンテンツマーケティングのキーワードを考える際には、以下のようなポイントに留意しておくことが大切です。

コンテンツマーケティングは検索ユーザーの態度変容を促すもの

まずはコンテンツマーケティングの目的を明確にしておくことが大切です。誰に向けてなんのためにコンテンツを作るのかが曖昧なままでは、どんなキーワードのコンテンツが必要なのかも見えてこないでしょう。

コンテンツマーケティングは、ユーザー(閲覧者)にとって価値あるコンテンツを提供し、そのユーザーを見込み客に育成し、エンゲージメントなどを高めるマーケティング手法です。つまり、検索して流入してきたユーザーの態度変容を促すことができるというのがポイントです。

そのため、メディアの目的を果たしてくれるユーザーを狙った検索キーワードを考えることが重要です。

ユーザー層を潜在層と顕在層に分けて考える

では、どういう考え方をすれば目的を果たすキーワードが見つかるのでしょうか?

まず、態度変容を意識した上で、検索キーワードを「顕在層向け」と「潜在層向け」に分類します。例えば、メディアの目的が「商品の購買」だった場合、購買行動により近いキーワードを検索するユーザーを顕在層とし、すぐ購買行動には結びつかないが、購買に結びつく可能性のあるキーワードを検索するユーザーを潜在層と分類することができます。

コンテンツマーケティングでは、潜在層にも顕在層にもアプローチすることができますが、潜在層と顕在層では当然、検索で探す情報が異なります。

つまり、潜在層と顕在層で、狙うべきキーワードや選定方法も変わってくるということを意識しておきましょう。

潜在層向けのキーワードとは?

潜在層は、今すぐには目的にたどり着かないものの、いずれたどり着く可能性のある検索ユーザーです。まだ自社の商品を知らなかったり、特に注目もしていなかったりするものの、その商品で解決できそうな問題を抱えている人などが潜在層にあたります。このようなユーザーに向けては、商品が解決できる悩みや課題にまつわるキーワードが有効です。

たとえば化粧下地クリームを買ってくれる可能性がある層として、「午後になると化粧が崩れてしまうのをなんとかしたい」という悩みを持っている人を考えてみましょう。

化粧崩れに悩んでいるからと言って、最初に下地クリームを検索するという行動は考えづらいです。「化粧崩れ 原因」「化粧 崩れない 方法」など、まずは原因や崩れにくくするメイク方法を調べてみたり、ファンデーションに原因を求めて「ファンデーション 崩れにくい」などと検索してみたりするかもしれません。

こうした検索ユーザーに対して、「下地クリームが問題を解決してくれる」あるいは「今の下地クリームが化粧崩れの原因になっている可能性がある」と知ってもらうことができれば、潜在層に向けたコンテンツマーケティングはひとまず成功と言えます。

顕在層向けのキーワードとは?

顕在層とは、すでに商品・サービスを認知していて購買を検討している段階の検索ユーザーです。

先ほどの化粧下地クリームの例で言えば、すでに「化粧崩れの改善のために下地クリームを変えてみようかな?」と考えている人などが顕在層にあたります。

このようなユーザーが検索するキーワードとしては、「下地クリーム おすすめ」「下地クリーム 比較」「崩れない 下地クリーム ランキング」などが考えられます。

こうした検索キーワードワードで流入してきたユーザーに、自社商品の魅力を上手に伝えることができれば購入につなげられる可能性が高まります。

コンテンツマーケティングのキーワード選定方法

想定するターゲットユーザーごとに、どのようなコンテンツが必要なのかを明確にしたら、具体的に対策するキーワードを選定していきましょう。

キーワード選定にあたっては、キーワードの検索ボリュームや競合性に注目してみることをおすすめします。

検索ボリュームを調査する

検索ボリュームとは、あるキーワードがGoogleなどの検索エンジンで検索される回数のことを言い、月間検索数を指標とすることが多いです。

検索ボリュームが多いほどたくさん検索されるキーワードということになりますが、コンテンツマーケティングのキーワード選定においては、多ければ多いほど良いというわけではなく、競合性も加味してキーワード選定していく必要があります。

しかし、あまりにも検索ボリュームの少ないキーワードでコンテンツを作っても、そもそも検索されないのでサイトへの流入が見込めません。そのため、ある程度の検索ボリュームがあるキーワードを選ぶ必要があります。

キーワードの検索ボリュームは、Google広告の無料ツールである「キーワードプランナー(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/)」や、一部無料で利用できるWebツール「Ubersuggest(https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/)」などを使って調査することができます。

キーワードの競合性(難易度)を調査する

同じキーワードで対策を行っているサイト、すなわち競合サイトが多いキーワードほど、そのキーワードで検索上位に表示される難易度が高くなります。また、競合サイトの数はさほど多くなくても、SEOに強い競合サイトがあれば、難易度はやはり高くなってしまいます。

検索で1位になると、一般的にクリック率は25%〜30%程度になると言われています。一方で、2ページ目以降(11位以降)になると、1%あるいはそれを下回るクリック率になると言われています。つまり、検索数が10,000のキーワードで15位を取るより、検索数が500のキーワードで1位を取った方が理論上は多くの流入を稼げることになります。

そのため、コンテンツマーケティングのキーワード選定の際には、検索ボリュームだけでなく競合性にも注目することが大切です。

キーワードの競合性は、実際にそのキーワードで検索してみることで大まかに確認できます。検索結果に大手企業や大手メディア、有名サイトなどが多いキーワードは、競合性と上位表示の難易度が高いサイトであると言えます。

先ほど検索ボリューム調査ツールとして紹介したキーワードプランナーやUbersuggestでも、競合性を確認できます。

キーワードプランナーの「競合性」は、広告出稿する際の競合性の高さを表すもので、検索上位表示における難易度とは必ずしも一致しませんが、参考になります。Ubersuggestでは「SEO難易度」という項目で競合性のレベルを確認することが可能です。

検索キーワードの見つけ方

「検索キーワード選定の際に検索ボリュームや競合性に注目する必要があるのはわかったけど、そもそもどんなキーワードを候補とすればいいのか見当がつかない」ということもあるかもしれません。

コンテンツマーケティングでは、継続して記事を配信していく必要があるため、思いつきだけでキーワードを挙げていったのではネタ切れしてしまうこともあります。

そのようなときに利用したいのが、サジェストツールや関連キーワードツール、共起語ツールと呼ばれるものです。

サジェストキーワード、関連キーワードとは

Googleなど検索サイトの検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードと一緒に検索されることの多いキーワードが候補として表示されます。このキーワード候補のことを「サジェストキーワード」と呼びます。

同様に「関連キーワード」というのも、そのキーワードと一緒に検索されることの多いキーワードのことを指します。

Googleでは、検索結果の一覧の下に「〇〇に関連する検索キーワード」として一覧が表示されます。サジェストキーワードは基本的に入力した文字に続いて入力されることの多いキーワードが候補として挙げられるのに対して、関連キーワードは入力した文字の前に来ることの多いワードも候補になるという違いがあります。

入力したキーワードと一緒に検索されることの多い言葉ということは、そのキーワードを検索するユーザーが求めている情報のコンテンツを作成すれば、多くの人に参照される可能性が高いということです。メインとなるキーワードとサジェストキーワードや関連キーワードは、対策すべきキーワードの候補と考えて良いでしょう。

サジェストキーワードを調べるときには、専用ツールを利用すると便利です。例えば「goodkeyword(https://goodkeyword.net/)」は、キーワードを入力してサジェストキーワードを検索できるツールです。キーワード候補を一度に表示してくれます。

まとめ

コンテンツマーケティングのキーワード選定にあたって留意しておきたいポイントと、具体的なキーワード選定方法や利用できるツールなどをご紹介しました。

コンテンツの制作にあたっては、まずはユーザーのセグメントを意識して、各セグメントのユーザーがどういった情報を必要としているかを把握するのが大切です。そのうえで、その情報にたどり着いてもらうためのキーワード選定をしっかりと行いましょう。

ユーザーの検索意図を的確にとらえたキーワード選定ができれば、検索で流入してきたユーザーに対して価値の高いコンテンツを提供することができるはずです。

ヒトノテロゴ

執筆者:山本卓真

株式会社ヒトノテのSEOコンサルタント。中小企業から大企業まで様々な規模、業種のサイトのSEOに携わる。WEBマーケティングの広い知見と経験をもとにクライアントと伴走することが得意です。

ヒトノテ坪昌史

監修者:坪昌史

株式会社ヒトノテの代表取締役CEO。 エンジニアとしてキャリアスタートし、サイバーエージェントのSEO分析研究機関を経て、リクルートの横断マーケティング組織のマネージャー&全社SEO技術責任者を務める。その後、独立しSEOを中心としたクライアントの課題解決を行う。2017年、株式会社ヒトノテを創業し、様々な企業のウェブマーケティングの支援を行う。